PC館 Visitor No. counter
新着情報
乗物館
PC館
MyPC活用法実験室Benchmark
LINK
Takach@Twitter

家電機器?のモニターにイーサネット接続してデータロギング&解析実施

このページの目的(2012-01-28)

とある家電機器(?)を導入し,その取扱説明書を読むと...『ん?このモニターってイーサネットでネットワークにつなげば,ブラウザで稼動状況が確認できるんだ』ってことがわかったので,早速接続してみることに。

太陽光発電モニター画面

その結果,出てきたのがこんな画面。

『じゃぁ,この画面の数字部分を抽出してデータベースに入れておけば,あんなことはこんなことも?...』という流れで企画は始まった。

その家電機器?とは(2012-01-28)

太陽光発電本体

その家電機器?は,モニタ画面イメージとか右の画像を見てのとおり「太陽光発電」で,この企画がスタートしたのは,実は1年ほど前。そのときにちょっとだけ情報を出していたのを振り返ってみよう。

2011-01-03 あけおめ
あけましておめでとうございます。実は,昨年末に無茶な(?)設備投資を実施したので,資金難がまだまだ続きそうだ。まぁ,その設備投資についてはそのうちに公開する(かも?)

まぁ,誰も1年以上前のことなんて憶えてないか。

太陽光発電のデータロギング方法(2012-01-28)

今回のデータロギングは以下の方法で実施している。

  1. PHPプログラムでモニタ画面にアクセスし,文字のみを抽出する。該当部分のソースはこんな感じ(どこかで拾ってきたサンプルコードそのままだ)
    $_rawData = getURL( "http://xxx.xxx.xxx.xxx/pc/" );	#モニタのIPアドレス
    	function getURL( $pURL ) {
    		$_data = null;
    		if( $_http = fopen( $pURL, "r" ) ) {
    			while( !feof( $_http ) ) {
    				$_data .= fgets( $_http, 1024 );
    			}
    			fclose( $_http );
    		}
    		return( $_data );
    	}
    $getdata = explode(' ',ereg_replace("\r|\n","",strip_tags($_rawData)));
    
    上の画像のタイミングだと以下の文字列が取得できる。
     連系運転中  
    
       6169  
      1940  
     
     
        
    0.98  
       
    0.50  
         
    0.48  
    
    こんな文字列になっている。そこから,必要な部分を抽出する。
  2. 抽出した数字をデータベース(MySQL)に保存する。
  3. そのプログラムは,24時間稼動している自宅サーバー(参照:NASを活用した自宅サーバー構築からcronで実行する。
  4. 保存したデータは,PHPで作った表示画面によりデータ解析をおこなう(?)

太陽光発電のロギングデータを解析してみる(2012-01-28)

データは集めるだけでなく,解析しなけなりゃ何の役にもたたないので,解析の真似事をしてみることにする。

1日の中ではどういう状況か?

次に示すグラフはウチの発電ベストリザルトを記録した2011年4月下旬のデータだ。グラフ上段が電力消費と発電量の値で,下段が買電および売電金額となっている。ちなみに,データロギングは1回/5分のペースで実施しているが,電力会社の明細とは月間で3〜5%の誤差となる程度だ。


下段グラフの説明
買電計=電力会社より購入した電気の料金 売電計=発電の余剰分を電力会社に売却した代金
投資効果=売却代金+発電により購入しなくてすんだ分の電気料金(上段グラフの青と赤のエリアが重なっている部分

では,時間経過に従いデータを確認していくことにしよう。

時間帯注目点
1:00-5:00電力消費:エコキュートによる湯の製造
7:00付近電力消費:朝食の準備
8:00-11:00電力消費:一家団らん?および食器洗浄器の稼動
11:00-19:00電力消費:全員外出し,常時稼動の冷蔵庫・24時間換気(およびサーバー)と家電機器の待機電力のみに
19:00-23:00電力消費:夕食の準備および一家団らん?

とまぁ,こんな感じとなる。このロギングデータの恐ろしいところは電力消費量も確認できるということで,朝,家を出たにもかかわらず,こそっと舞い戻って引きこもってやろうとしても,電力を使用すればばれてしまうところだ。

年間をとおしてはどんなことになるのか?

このページを公開するまでに1年以上もかかったのは,やはり通年でのデータを載せたかったから。年間ではどういった推移をするのか? はたまた,1年での投資効果は? 一体何年で元を取れるのか...

季節注目点
冬季(11月〜3月)使用電力が年間をとおして最も多い。これは風呂でのお湯使用量が多く,エコキュートの負荷が高くなっているため。ただし,使用するのは深夜電力時間帯なので電気料金が安く,買電料金よりも売電代金の方が多い(一応,儲かっている)。
春季(4〜5月)最も発電量が多い季節。日照時間が長く,気温も高くないので発電効率が高い。
夏季(7〜8月)日照時間は長いものの,気温が高く発電効率が落ちる。
秋季(10〜11月)気温は下がってくるものの,日照時間減少により発電量が少なくなる。

まとめ(2012-01-28)

この結果によると,投資額が回収されて本当に利益が出始めるのはやはり10年後くらい(そのくらいの投資額だった)か?

年率10%の配当があるものの元本は返金されない投資,みたいなものなので,投資意欲がわくかどうかは人それぞれかな?(3.11の地震以降は節電意識が高まって,設置数も伸びているらしいが)

と,以上のように,家電機器一つで一年間も遊べてしまった(この瞬間もデータロギングは続いている)。

Copyright©2000 http://www.takach.net/pc/ All Rights Reserved.