CIVIC(シビック)FL1オーディオ関連カスタム

目次

このページの目的

FL1シビックEXグレードには超有名メーカーBOSEのプレミアムサウンドシステム(10チャンネル、12スピーカー)が標準装備されている。どの席に座っても快適なサウンドに包まれるのが魅力なんだが...なんか求める音とは違うのよ。もっとダイレクトでメリハリの利いた音が好きなんだよなぁ...と、沼にはまっていきそうな気配がちらほらと...

でまぁ、いつもの小細工を始めるわけだが、最初に一言。『このページの記述には客観的なデータに基づくものは基本的に存在しない! 各文末に「かもしれない」「気がする」という文言が本来あるのだが、それが省略されている。』ものとして読んでもらいたい。

デッドニング(2022-03-20)

平日だと会社への往復で90-120分は過ごすことになる車内。その時間を快適にするためにもオーディオ環境の整備は必須だ。で、前車AXELA防音工事編の施工結果(デッドニング)を思い出してみる。その効果は、

ので、今回実施してもその効果が期待できるかも。やっぱり今回も金は(できるだけ)かけずに手間をかけて自分でカスタムしていこう。まぁ、実際のところ自分の手でやるのが好きなだけなんだけどね。

ちなみに、FL1シビックって標準状態で車内がかなり静かで、それなりのボリュームで音楽を流しても車外への音漏れが少ない優秀な車である。果たしてどこまで効果を出せるのか...まぁやってみよう。

荷室・サブウーファー周辺

まずはリアセクションからやってみよう。両サイドの内装はねじ1個とクリップで固定されているので外していく(特に難しいところはなかった、はず)。

姿を見せたサブウーファー
姿を見せたサブウーファー
その裏側は外装鉄板
その裏側は外装鉄板
サブウーファーの中を確認
20cmサブウーファーの中を一応確認

サブウーファーとご対面...えーと、このユニットがバスレフ型なのはいいとして、そのバスレフポートは内装の外側にあるんだが。その意図するところは?...まぁ、この辺りはBOSE博士(受け継いだ人達)にものすごい理論があるんだろう...そのあたりはよくわからないので、気にせず、いつものように作業を始めよう。

作業:サブウーファー周辺

購入品:
制振材=レジェトレックス(日東電工、注:前回の残り+今回購入)
遮音材=遮音シート455H(大建工業)
吸音材=シンサレート(3M)

レジェトレックスは前回施工時の残り数枚を倉庫保管してあったので有効に使おう(粘着性など見た感じでは変化はなし)。455Hは住宅用建材でお安いが重いので場所を厳選して使用する。シンサレートは布団っぽくて好きなのよ(??)

サブウーファーに制振材を貼る
サブウーファーに制振材を貼る
鉄板に制振材貼り付け
鉄板に制振材貼り付け
遮音材を貼りその上に吸音材
遮音材を貼り[画像無し]その上に吸音材。
ここには換気口(ウーファーの奥、鉄板
についている黒い四角の部品)があるの
で、完全にふさぐことはしないほうがいい。
サブウーファー回り完成
サブウーファー回り完成
車体左側も同様に施工する。

作業:荷室下

荷室下も同様に施工する。

荷室下鉄板
荷室下鉄板(標準状態)
制振材貼り付け
制振材貼り付け
遮音材敷き込み
遮音材敷き込み

前後ドア

続いて前後ドアだが、ここにはスピーカーがあるので、一応、音質のことも考えておこう。

取り外し

ドア内装パネルの取り外しは、

と、簡単だ。ただし、配線コネクターがあるのでそれに注意が必要。

パワーウィンドースイッチカバーを外す
パワーウィンドースイッチカバーを
外すと内装パネル固定ねじあり(前後とも)
リアドア
リアドア
サービスホールシートに標準で
シンサレート(かな?)貼付
リアドア内装パネル側
リアドア内装パネル側
フロントドア
フロントドア
リアよりも立派な防音対策
フロントドア内装パネル
フロントドア内装パネル
サービスホールからドア内部をチラ見
サービスホールからドア内部をチラ見

作業:ドア周辺

さて、無事に外せたら、以下の作業を実施する。

購入品:
吸音材=AquieTアブソーブウェーブAT-AQ470(オーディオテクニカ)
ドア鉄板平面部に制振材貼り付け
ドア鉄板平面部に制振材貼り付け
スピーカーフレームに制振材貼り付け
スピーカーフレームに制振材貼り付け
スピーカー奥ドア鉄板へ吸音材貼り付け
スピーカー奥ドア鉄板へ吸音材貼り付け
裏側から制振材を貼り付けて補強した
のでぱっと見には変化なし。
ドア内装パネルに制振材貼り付け
ドア内装パネルに制振材貼り付け
ドア内装パネルに吸音材貼り付け
すき間を埋めるように吸音材を詰め込み、
ドア内装パネル全体に吸音材貼り付け

フロントセンタースピーカー

ホンダコネクトディスプレイ裏側のダッシュボード上にあるスピーカーも同様の作業をおこなう。外し方は内装はがしで浮かして引っ張るだけだ。

フロントセンタースピーカー取付部
フロントセンタースピーカー取付部
フロントセンタースピーカーユニット
フロントセンタースピーカーユニット
吸音材を敷きこむ
吸音材を敷きこむ
制振材を貼り付け
制振材を貼り付け

フロントツイーター(Aピラーカバー部)

さて、勢いでこの部分も進めよう。Aピラーカバーはサイドエアバッグが展開した時にもカバーが吹っ飛ばないような特殊クリップで固定なので脱着方法が特殊だ。

Aピラーカバーの外し方

緑色のあたりの普通のクリップは引っ張るだけでいい。赤色のあたりの特殊クリップは引っ張っても外れないので、カバー全体を矢印のように上に動して外す(クリップはピラーに残る)

Aピラーカバーの外し方
ピラーに残った特殊クリップは爪を押し込んで外す
ピラーに残った特殊クリップは
爪を押し込んでピラーから外す
特殊クリップをカバーに付けておけば普通のクリップと同様に装着できる
特殊クリップをカバーに付けておけば
普通のクリップと同様に装着できる

ツイーターへの作業

ツイーター取り付け部
ツイーター取り付け部
制振材を貼り付け
制振材を貼り付け
吸音材を敷き込み
制振材を敷き込み

途中効果確認

ここまでの作業の効果を確認しよう。

と、やっただけの効果は出た。ただ、スピーカーユニット自体もエージングが進んで動きがよくなっている(うん、界隈の人みたいな言い方だ)はずだし、大体それ以上に人間の耳が聞きなれてきているという可能性も十分にあり得るかとwww。

ルーフ(2022-04-16)

実はこれが一番やりたかったところ。前回AXELAの施工でも雨天時に絶大な効果を発揮したので今回も実施しよう。

ルーフ内装摘出準備作業

Aピラーの外し方は前述のとおりで、アシストグリップやサンバイザーは一般的なホンダ仕様なので割愛。リアハッチ前の見えるところにクリップがあるがそれも省略。それ以外の部品取り外しについて。

ルームミラー根本のカバーを取り外し
ルームミラー根本のカバーを取り外し
薄っぺらいので要注意
ホンダセンシングのカバーを取り外し
ホンダセンシングのカバーを取り外し
車両後方側で爪がルーフにはまっている
オーバーヘッドコンソールの取り外し
オーバーヘッドコンソールの取り外し
かなり硬くて不安になるが普通のクリップだ
B・Cピラーの特殊クリップ
B・Cピラーの特殊クリップ
ピンを叩いて押し込むホンダ独特の方式
特殊クリップ
叩いて押し込まれた特殊クリップ
再利用できなくもないが面倒だ
ルーフライトの取り外し
ルーフライトの取り外し
カバーを内装はがしで外したらボルト止め

ルーフ内装の摘出

以上により、ルーフ内装が車体側から落とせるが、内装天井裏側に配線がテープやクリップで止められているところがあるのでそれを外したらリアハッチから車外に出そう。

内装裏側に配線固定あり
内装裏側に配線固定あり
手前の配線は自分で通したバックカメラ用
ルーフ内装を車外へ
ルーフ内装を車外へ
ルーフ自体には防音対策なし
ルーフ自体には防音対策なし

ルーフ内装への作業

今回もケチってレジェトレックスとシンサレートのみにしたが、万全を期すならスポンジ系の軽い遮音材を足してもいいかもね。

ルーフ鉄板へレジェトレックスを全面貼り(のつもりで)
ルーフ鉄板へレジェトレックスを
全面貼り(のつもりで)
ルーフ内装裏面へへシンサレート全面貼り
ルーフ内装裏面へシンサレート
を全面貼り

おまけ:特殊クリップの再生

ネットを探すと、叩き込むタイプの特殊クリップを再利用するための分離作業の実施例が見つかるので、やろうとしたが...ちょっと大変で挫折。どう考えても時給換算でメリットが出そうにない。よって、素直に新品を購入することにしよう。その結果、以下のようなクリップ長者になった。これでFL1シビック用に関しては一生困ることはないかとww

購入品:
ホンダ純正部品91561-TVA-A01(注:BCピラー用の叩き込むタイプの特殊クリップ。1個192円)
ホンダ純正部品91561-T20-A01(Aピラー用特殊クリップ。こいつは再利用できる。1個352円)
ピラー用特殊クリップ購入
ピラー用特殊クリップ購入
この種の樹脂成型品が「MADE IN JAPAN」!
すばらしい!

で、気持ち(手持ち部品)に余裕ができたので再利用を考える...叩き込んだやつを分解するのが面倒なら、切り離して2個イチにすればいいんじゃない? と、2セットはニッパーで白い軸を切断し黒い部品を使えるように、2セットはラジペンで黒い部品の爪をまげて軸側を使えるように。よし、2個分は再利用可能になったぜ。

特殊クリップの2個イチ再生
特殊クリップの2個イチ再生

▲目次に戻る

ツイーターコンデンサー交換(2022-04-03)

さて、ネットを徘徊していると、『純正ツイーターのハイパスフィルター用コンデンサーは安物で、フィルムコンデンサーに替えると違いは歴然!』みたいな記事が多数見つかる。見つかったならば試してみねばなるまい。

純正コンデンサー容量の確認
純正コンデンサー容量の確認
購入品:
オーディオ用フィルムコンデンサー6.8μF(FX-AUDIO)。手堅く同一容量のコンデンサーを購入してみた。
685J=68×105pF、誤差J(5%以内)
コンデンサー購入品

コンデンサー交換作業

コンデンサーを分解し足だけ残す
コンデンサーを分解し足だけ残す
スピーカーケーブルで延長
スピーカーケーブルをコンデンサー
にはんだ付けする。
ツイーターにはんだ付け
ツイーター(コンデンサーの
足だった部分)にはんだ付け
カバー内に固定
カバー内に固定

効果は?

早速効果確認だ...変わったかと言われると変わったのかもしれないが変わってないと言われるとそうなのかもしれない...耳が不調なのかもしれないし、聞き慣れたらきっとものすごくよく感じるんだろう、そうに違いない...なかなか沼には沈みそうにないなw

▲目次に戻る

BOSEアンプを調べてみる(2022-04-24)

ディーラーでもらった配線図やネットで出てくるホンダコネクトオーディオユニットのコネクター信号割り当てを見るとBOSEアンプへ送る信号は、起動信号・SPDIF・ナビ音声・ビープ音・制御信号、と、かなりシンプルな構成になっている。でまぁ、深い意図はないものの、ちょっと調べてみようかと...

BOSEアンプの場所

BOSEアンプは助手席足元の左側(車体外側)にあり。画像左下のコネクター(外してあるやつ)は重要(後述)

BOSEアンプ

BOSEアンプ信号線コネクター

アンプへの信号線接続は、アンプ(銀色ボディの箱:画像ややひだり)下側にあり。

緑色カバー線
SPDIF
黒色メッシュカバー線
各種信号
一番上のコネクター
スピーカーへの出力コネクター

BOSEアンプ信号線コネクター接続位置

BOSEアンプSPDIFコネクター

コネクター:日本航空電子工業CE2A101Z00
さすがにデータそのものはSPDIF規格でしょう、きっと。

BOSEアンプSPDIFコネクター

BOSEアンプ信号線コネクター

コネクター:日本航空電子工業MX84B016SF1(もしくはMX34016SF1)と思われる

BOSEアンプ信号線コネクター
BOSEアンプ信号線コネクター信号一覧
No.用途線色No.用途線色
1未使用未使用9未使用未使用
2未使用未使用10未使用未使用
3未使用未使用11未使用未使用
4AUX BEEP(電子音)オレンジ12AUX NAVI(音声)
5AUX NAVI GND13未使用未使用
6未使用未使用14SWD-B(アンプ起動信号)
7RS485(制御)-ピンクドット15RS485(制御)+青ドット
8未使用未使用16未使用未使用

BOSEアンプスピーカー出力コネクター

BOSEアンプスピーカー出力コネクター

コネクター:日本航空電子工業?カスタム品?

BOSEアンプスピーカーコネクター信号一覧
No.用途線色No.用途線色
1(大)GND3(大)アンプ電源 +
2(大)サブウーファー +4(大)サブウーファー -
5フロントセンター +16未使用未使用
6フロントセンター -17未使用未使用
7左フロントドア -18左リアピラー +
8左フロントドア +薄緑19左リアピラー -ピンク
9右フロントドア +20右リアピラー -緑白
10右フロントドア -21右リアピラー +
11右リアドア +22右フロントピラー +薄緑
12右リアドア -23右フロントピラー -ピンク
13左リアドア -薄緑24左フロントピラー +
14左リアドア +ピンク25左フロントピラー -
15未使用未使用26未使用未使用

テスト用器具製作

さて、ここまでの段階でいろんな妄想する人がいるかもしれないが、もうすこし調査を続けることにする。

購入品:
日本航空電子工業CE2A101Z00
日本航空電子工業CE2G001C01
日本航空電子工業CE2Z22HC01(これは無くてもいいかも)
DAコンバーターGA-DACONV(中華品。入力:同軸・光、出力:同軸・光・アナログ)

購入品のコネクターがポイントだ。本来はアンプに接続するコネクターの相手側が欲しかったのだが、どこにも在庫がなく(2021年春の北米寒波影響で世界的な樹脂不足が発生しコネクター不足へ、端子に使用する金属材料もひっ迫、実はめっき液関連もやばい)あきらめかけていたところで見つけたのが、アンプ全体画像の左下、実はここにもSPDIFコネクターがある(画像は外している状態)、で、アンプ用コネクターと同一形状品なら在庫が見つかった、という背景。
それら購入品と家に転がっている同軸ケーブルやイヤホンを動員して下のようなテスト器具(SPDIFの音声データって何が入ってるの?確認用)を作成した。

BOSEアンプSPDIF出力テスト器具

テスト結果

ホンダコネクトで各種インターフェースを一括管理しているため、ひょっとすると音声関連も何らかのインターロックがあるのでは? と各種テストをやってみる。

テスト1:SPDIFデータが入らない場合にエラーは出ない?
問題無し
テスト2:制御信号等が入らない場合にエラーは出ない?
問題無し。RS485通信は一方通行でアンプからのアンサーバックはとっていないと思われる。
テスト3:スピーカーが繋がっていなくてもエラーは出ない?
問題無し
テスト4:SPDIFデータって何が流れているの?
オーディオデータ(AM/FMラジオ、TV含む)、電話
テスト5:RS485通信でBOSEアンプの何を制御しているの?
ボリューム(ここ重要)、音質、リスニングポジション。
音声コマンド入力時や電話の際のオーディオミュートはホンダコネクトユニット(ここ重要)が制御している(ただし、天気予報や注意報の音声が流れる際には何の制御もやっていない...それでいいの? ホンダさん)

はい、以上の結果から各自で妄想を膨らませてもらいたい。ちなみに、車業界が生産停止日ができるくらい世界的に半導体不足がひどい状態になっている。当然、その影響は(カー)オーディオ界隈に波及しているんだよねぇ...

▲目次に戻る

フロントスピーカー交換(2022-08-12)

さて、タイトルのとおりである。夏休みの工作として実施してみる。ただし、FL1シビックEXグレードは有名ブランドBOSEの『プレミアムサウンドシステム』が標準装備であり、

の点に注意が必要だ。

購入品:
カスタムフィットスピーカーTS-C1730S[カロッツェリア](旧モデルでちょっとだけお安い)
インナーバッフルUD-K614[カロッツェリア]
TS-C1730S
UD-K614

購入したTS-C1730Sは、付属のクロスオーバーネットワーク1個の中に高音域用ローカットフィルターと中低音域用ハイカットフィルターが集約されているため、今回のように別回路駆動の場合はそのままでは使用できないので小細工が必要となる。

ウーファー取り付け

まずはウーファーの取り付けから始めよう。

インナーバッフル取り付け
インナーバッフル取り付け
ウーファー純正コネクター
ウーファー純正コネクター
ドア内配線ルート
ドア内配線ルート

純正スピーカーを取り外したら、そこにインナーバッフルをねじ止め(簡単!)。純正コネクターは防水仕様になっている。TS-C1730S付属のクロスオーバーネットワークはウーファーに使用し内装側に設置することにしたため、スピーカーから内装側へケーブルを配線するルートが必要となるが、パワーウィンドー制御用ケーブル出ている開口が近くにあるのでこれを使用する。

購入品:
HX防水コネクター用ハウジング6181-6851[住友電装]
HX防水コネクター用ターミナル8230-5308[住友電装」
HX防水コネクター用ワイヤシール7165-1565[住友電装」

クロスオーバーネットワークはドア内装パネル側に固定するため、内装パネルを取り外すことを考慮してギボシ接続として、ドアパネルと分離できるようにする。スピーカーに付属のギボシ(付きのケーブル)を有効活用してドア外装側のケーブルを自作だ。

ドア外装側自作ケーブル
ドア外装側自作ケーブル
ウーファー配線図
ウーファー配線図

ツイーター取り付け

次はツイーターの取り付けだが、クロスオーバーネットワークはウーファー側に使用したので、別途ローカットフィルターが必要となる。以前に、純正ツイーターのローカットフィルター(コンデンサー)を交換したので、今回も同様の作戦を実施する。

ここで問題となったのは、ツイーターのコネクター、だ。コネクターを観察すると、『住友のロゴ』と思われる『井桁マーク』、『CV3』『CV4』という文字(左右で違う!型式表示じゃないのか?)が見えるが、住友電装webサイトでは該当する型式(と形状)は見つからなかった。よって、漢(オトコ)らしくバッサリ切断してギボシ接続に変えてしまおう。

ピラーへの取り付けは、スピーカー付属のホンダ用アタッチメントだとガタが大きかったが、ベースを取り外しただけのボディが開口にジャストフィットサイズだったのでその状態で固定だ。

購入品:
オーディオ用フィルムコンデンサー4.7μF[AUDIOPHILER] ※コンデンサー容量はカロッツェリアの商品紹介サイトの画像を信用して選定だ
ギボシセット
ツイーター純正コネクター
ツイーター純正コネクター
ツイーターコネクターを変更
ツイーターコネクターを変更
ベースを取り外して使用
ベースを取り外して使用
ツイーター配線図
ツイーター配線図

交換完了

完全ボルトオンという訳ではなかったが、多少の思い切りと簡単な配線工作だけで取り付けは完了した。さてその効果は?

▲目次に戻る